自動車のブレーキランプの役割は後続車にブレーキをかけて、止まるという警告のために点灯します。
後続車の衝突を防止するための危険告知をする役割を果たしています。
別に、ストップランプやテールランプとも言われます。
テールランプは夜間や降雨時にヘッドライトを点灯させると点灯し、ブレーキを踏めば強い光を放ちます。
新型の車の場合、LEDランプのものが多くなってきて、はっきりとした光で遠くの車でも確認しやすくなっており、フィラメントを使用したバルブではないため、球切れの懸念が低いです。
テールランプはヘッドライト点灯時とブレーキを踏み込んだ時とで明らかな光量の違いを後続車に知らせなければいけないため、バルブを用いた従来型のユニットの場合、バルブ内のフィラメントが2つありヘッドライトと連動性を持つほかにブレーキ専用のフィラメントがあり、ブレーキングの際にブレーキフィラメントが5倍の光量を放つ仕組みとなっています。
さらに、テールランプユニットのレンズ内側はリフレクター構造という反射板の役割を持ち、強く点灯することで反射をし、さらに強い光に替えることで、後続車に危険を知らせます。
最近の新型車では急ブレーキ時に点滅するものもあります。