テールランプは「尾灯」とも呼ばれ、文字通り車体の後部にあるライトです。ブレーキを踏んだ時に点滅するブレーキランプとはちがい、踏まなくても点灯するようになっています。またハンドルの右側または左ハンドルの自動車ではハンドルの左側にあるスイッチでランプを点灯することが出来ます。最近の車には、周囲の明るさを感知して自動でランプを点灯するオートライトがあります。尾灯は薄暗くなる夕暮れから夜間にランプが付いているのを見る事が出来ます。後続車に「ここに車がいます」とお知らせする役割があります。このような暗い時間帯だと灯りを付けても車が存在していることを判断することが難しいです。後続車からの追突事故のリスクを未然に防ぐためにこのライトがあります。暗い夜でなくても霧や吹雪など天候がよくない時にも役割があります。悪天候の中で走行すると、夜間のように前方に車がいることを判断が難しくなります。このため追突事故のリスクが高くなってしまいます。このランプを付けることで、後続車に車がいることを知らせる事が出来ます。最近の車にはブレーキランプと兼用できるものがあります。ブレーキランプと独立している車に比べて5倍以上明るくなるようになっています。