ウィンカーの役割

| 未分類 |

 

ウィンカーは方向指示器とも呼ばれ、進路変更や右左折を行う場合に、その方向のランプを点滅させて後続車にその意思を知らせるために使用するものです。これを使用すると、車内のインジケータが点滅したり、カチカチと音を鳴らすことで動作状態を運転者に伝えます。故障が起きた場合にはこれらの動作が異常を起こすため、車内からでも気づくことができます。故障したままでは非常に危険になるため、すぐに修理が必要です。また、ハザードスイッチを使用した場合には前後左右全てのランプが点滅し、緊急停止などを知らせるために使用されます。
使用方法として、右左折を行う場合には交差点に進入する30m手前から合図するように道路交通法で定められています。右左折の直前にしか合図しない場合は違反になります。
進路変更時は変更の3秒前に合図するように定められています。なお、これは車線を跨がずに車を片側に寄せる場合も含まれます。
路上に駐停車する場合に、停車する方向を合図するためにも使用されます。
また、後退しながら進路変更する場合には後退が終わるまで合図をし続ける必要があります。
ハザードとして使用する場合には、緊急停車する場合やけん引をする場合、渋滞の最後尾を知らせたり濃霧発生時に位置を知らせるためなど、危険回避のために使用されます。暗黙の了解として感謝の意を示すために使用されることも多くありますが、この用法は本来の目的と全く異なる用法であり、誤解される可能性があります。そのため、この場合は手で合図するなどが適切です。